スタッフブログ
 
スタッフブログ
 

HOME > スタッフブログ > 香取 > 収納足りてますか?

2018.4.14

収納足りてますか?

こんにちは。
設計部 香取です。
今日は設計で、プラン作成時に配慮している、収納率について書きます。


収納率とは、家の総床面積に対する収納面積の割合のことです。
戸建の場合、収納率の理想としては約12%と言われていますが、
一般的な既存住宅の収納率は、約6~8%に留まっています。
 
 この水準では、荷物が部屋にあふれ出してしまい、
多くの方が収納に対する不満を抱えてしまうことになります。

このようなことを踏まえ、プラン作成時に、収納量についても
気をつけながら計画しています。

収納は多くても、物を捨てられず、たまってしまう一方になり、
少ないと部屋に荷物があふれ、見栄えや掃除しにくい家になってしまいます。
そんな意味で 適度な収納率は 12%と言われています。

また、場所についても適材適所が重要だと考えています。
例えば動線上にある収納には自然と物が収納でき、動線から離れていると
収納しづらくなってしまう。。という事です。キッチンに計画するパントリーが
いい例と思います。
使う場所近くに、その収納があると便利ですね。


前回掲載した家具配置同様、プラン作成時は色々な事を考えながら
集中して計画しています。
自由設計ですので、同じ家はなく、1棟毎にかなりの時間をかけますが、
住んでからの事を一緒に考えていく。。
小さい事かもしれませんが、私達はこういう事も大事だと思っています!

収納率の図です。緑部分が収納です

◀︎♪4月ビオンカルチャーのご案内①♪<...

猫と暮らしている家▶︎