いえづくりのこと
(技術情報)

やさしさの性能

パッシブ発想の省エネ対策と長持ちする構造。
人と地球に優しいゼロエネ住宅にも対応します。

自然の作用を利用したパッシブな省エネ住宅

ヤワタホームでは、建築地への光の入り具合や影のでき方、風の流れを徹底的に調査します。そして、そのデータに基づいて住まいの中に「光の道」と「風の道」を設けることで、冬は暖かい太陽の光を、夏は涼しい風を有効に取り込み、自然の心地よさを暮らしに活かします。また、木をはじめとする自然素材を多用した空間は、それらが調湿材と断熱材の役目を果たし、湿度や温度をより快適に調節してくれます。こうした自然の作用の活用により、冬は暖かく夏は涼しく一年中を快適に過ごせ、またエアコンなどの冷暖房機器の使用頻度が少なくなることで、地球にも家計にもやさしい省エネの暮らしが実現します。 「いやしろの住まい」は、このパッシブデザインを基本にしながら断熱性の向上など温熱環境にも配慮し、ゼロエネ住宅や長期優良住宅にも対応しています。

敷地生活環境調査では、パッシブデザインの
基となる土地の特性を調査・確認。

敷地生活環境調査では、パッシブデザインの
基となる土地の特性を調査・確認。

省エネ+創エネ+自然の恵みでゼロエネ住宅にも対応します

ゼロエネルギー住宅とは、断熱性の向上や自然エネルギーの活用により消費エネルギーを減らすとともに、太陽光発電などでエネルギーを創り出し、エネルギーの収支を「ゼロ」にする住まいです。 ヤワタホームのゼロエネ住宅は、断熱性能をさらに高めた上で光の道、風の道や自然素材の調湿効果などを最大限活用し、快適性を満たしながら省エネ効果を向上させている点が特長。こうして抑えた消費エネルギーを太陽光発電による電力でカバーし、ゼロエネルギー化を実現しています。 ゼロエネ住宅により、太陽光発電で余った電気を電力会社に売ることができるので、光熱費も「ゼロ」を目指すことが可能となります。また、家中温度差の少ない温熱環境が実現するので、ヒートショックに対してもより安心できます。

主要4性能で最高等級を確保長期優良住宅にも対応

住宅取得者の長い目で見た負担と環境への負荷を減らすことを狙い、国は「長期優良住宅」の基準を定め、普及を推し進めています。 ヤワタホームの「いやしろの住まい」では、自然素材の使用と健康住宅の要素を盛り込みながら、認定基準の性能(優れた劣化対策、耐震性、省エネ対策等)を満たすことで「長期優良住宅」に対応しています。お客様は、「長期優良住宅」の認定制度をご利用いただくことで、住宅ローン減税やフラット35の金利等において、有利な条件が適用されます。

最高ランクの耐震等級に加え、制振やエアー断震も選択可能

数百年に一度発生する地震力(震度6強〜7)の1.5倍の力に対して、倒壊・崩壊しない程度の性能である「耐震等級3(最高ランク)相当」をクリア(※)。地盤の調査方法にも液状化測定がより確かにできるSDS試験を採用するとともに、地震エネルギーを特殊ゴムなどが熱に変えながら、揺れを大幅に軽減する「制振システム」も取り入れることができます。 さらに、地震が起きた時に空気の力で瞬時に家を浮かせて揺れを回避するという「エアー断震システム」も選択可能です。 
※プランにより異なります。

関連コンテンツはこちら
充実の保証・アフター 品質重視の現場 安心の木構造 やさしさの性能 つなぐ設計 無垢の木と自然素材 究極の寝室 いやしろの住まい