スタッフブログ
 
スタッフブログ
 

HOME > スタッフブログ > 岩井 > 【 つくられた当時の技を活かして 鹿嶋市大規模リフォーム 】

2018.10.27

【 つくられた当時の技を活かして 鹿嶋市大規模リフォーム 】

こんにちは。
リフォーム部の岩井です。

鹿嶋市で行っている大型リフォーム工事は順調に進んでいます。
今回の建物は、築35年の立派な日本家屋です。
外観からも非常によくできているなと思っていましたが、
解体をしてみるとそのすばらしさがよく分かりました。

しっかりと組まれた構造体、繊細に組まれた化粧部分など
いい大工さんに建ててもらったんだなあとしみじみ感じています。

例えば、化粧垂木(タルキ)という部分ですが、
(垂木というのは屋根を支える下地で、この部分を見えるようにしたものが化粧垂木です)
扇垂木(オオギダルキ)という非常に凝ったつくりなっています。
扇垂木は寺院建築などでよくみられるものですが、
建物の中心から、扇のように開いている垂木の様式で
現在では、ほとんど見られない非常に手間と技術の掛るつくり方です。

このように非常に立派な建物ですので、
これらをしっかりと活かして、より良い住まいになるように
これからも工事を進めて行きたいと思います。

◀︎【成田展示場分譲地のお施主様とハロウ...

【 ベビーマッサージ&おしりふきケー...▶︎