スタッフブログ
 
スタッフブログ
 

HOME > スタッフブログ > 菅谷 > 【 終の棲家としての平屋 】

2018.12.22

【 終の棲家としての平屋 】

【 2回目の上棟式 】のタイトルで9月にも、このブログで紹介させていただきました、
旭市のA様邸の完成お引渡しを、先日させていただきました。

今までの大きな家は、年数も経ち
子供さん達も独立されたりするなど家族構成も変わり
ご夫婦がこれから快適に住むための、まさしく「終の棲家の平屋」です。

お孫さん達もが泊まれるスペースもしっかりと確保しながら
普段の生活は「平屋」ならではの、楽な動線で過ごすことが出来るお家です。

9月の上棟時の写真です。

完成お引渡しの時の写真です。

以前のお家の普請のさいは、日数もかかり、色々と大変だったなか
今回はスムーズに進み、「菅谷さんのおかげで建てられた」と言って頂けたことが
私も本当にうれしくほっとする出来事でした。

ありがとうございました。


屋根裏スペースから見下ろしたLDKの写真です。

最近はとても「平屋」をご希望される方が多いのも納得です。
普段の生活はやはり、階段の上り下りなどせずに、平面の移動のほうが
使いやすいですよね。

実物を見るたびに実感します。

地域がら、土地に余裕のある方も多いので
子育て世代の若いご家族が、[平屋」をご希望される方も多く
実際に実現される方も多いです。

2階建てのプランの際には、リビング階段にするぐらいですが
「平屋」だと自然に家族がリビングに集まる「動線」になりますね。

そんななか、来月の1月19日~27日まで

予約制完成見学会 「家族が集まる平屋」

を開催します。

モデルハウスなどでも、ほとんど見ることができない「平屋」
さらに実際にお客様がこだわって作った、モデルハウスではない「平屋」が
ご覧いただけるチャンスです。

ぜひご参加ください。

菅谷


◀︎【 床材を剥がさないで新しい床を張り...

【 今年もあと少し! 工事現場が増え...▶︎