スタッフブログ
 
スタッフブログ
 

HOME > スタッフブログ > イベント報告 > 【シンプル+本物のデザイン
=個性的で長く愛着の持てるシンプルな家インディーワン】

2018.8.12

【シンプル+本物のデザイン
=個性的で長く愛着の持てるシンプルな家インディーワン】

こんばんは。
営業部の青木です。

9月9日より、ヤワタホーム成田展示場内の分譲地で
オーガニックハウスの新たなスタイル「インディーワン」の
完成見学会が始まります。

そこで、この「インディーワン」の特徴を様々な
視点からご紹介します。
まずは、外観から紹介致します。

現在、シンプルモダンという外観デザインが
非常に人気があります。
片方だけに傾斜している片流れ屋根や
白や黒一色の外壁などの特徴のある住宅です。
インディーワンもこれらの特徴がありますが、
一般的なシンプルモダンとは一線を画す、
シンプルでありながら、個性もあり、細部のデザインに
こだわることで、いつまでも飽きのこない
長く愛着の持てる住まいです。

一般的にシンプルなものは、個性を出しづらく
画一的になりがちで、流行り廃りに流されやすくなってしまい、
長く愛着を持って暮らすことが難しいものです。

「インディーワン」は、シンプルな中に
近代建築の三大巨匠である建築家フランク・ロイド・ライトの
設計手法を取り入れ細部のデザインにこだわることで、
シンプルでありながら、個性的でいつまでも愛着の持てる
外観デザインを実現しました。

具体的には、1階から2階へ連なる縦長の窓が家の顔となり、
他とは全く違う個性を演出しています。
さらに玄関の上の低く高さを抑えた屋根の水平ラインが
この縦長の窓をより強調しています。
その他にも、小さな窓を連続して配置するなど
ライトの設計手法を取り入れています。

水平ラインの強調は、ライト建築の代表的な特徴です。

フランク・ロイド・ライトは、
いかに長く愛着を持って快適に暮らすことができるかを
誰よりも考え続けた建築家です。
そのライトの設計手法を取り入れることで、
これまでになかったシンプルモダンの住まいとなりました。
そのライトの設計手法は、文章では説明しにくい細部のこだわりも
いっぱいあります。
それは、現場で確認していただきたいと思いますので、
ぜひお越しください。

詳しくは下の画像をクリックしてください。

◀︎【家を買うときの資金て難しいの?】

【 土地探しって どうすればいいの?...▶︎