スタッフブログ
 
スタッフブログ
 

HOME > スタッフブログ

2017.12.13

自然素材はお子様の五感を培います!

こんにちは!

ヤワタホーム営業アシスタントの小川です。

クリスマスが過ぎればあっという間に年末ですね。
お子様も間もなく冬休みに突入。
何かと忙しくなる季節です(^-^;

今回は、
自然素材がお子様の様々な感覚に与える良い影響を少しご紹介。

私たちの五感には
聴く・嗅ぐ・味わう・触れる・視る
があり、
自然素材はその五感を養ってくれます。


例えば
【素足で歩く】~触れる~
無垢の床材は冬でも温かいぬくもりのある足ざわり。また、断熱性や弾力性もあるため、赤ちゃんがハイハイしたりお子様が元気に走り回っても安心です。
住宅産業新聞の記事でも、幼稚園の床が一般的なフローリングと無垢材の床で園児の活動量を比べた結果、無垢材の床の方が園児が活発に動いているという結果が出ています。

【さまざまな質感】~触れる・嗅ぐ・視る~
木、石、紙、土、などにはそれぞれ独特の香りや肌触りを持っています。実際に触れたり嗅いだりすることで感性や表現力も豊かにしてくれます。

【家族でお手入れ】~触れる・味わう~
自然素材はお手入れも大切。親子でやればメンテナンスも楽しくなりますね。また、親子のコミュニケーションだけでなく家に対する愛着もわき、想像力も養われます。

【本物に触れる、扱う】~触れる・視る・聴く~
メンテナンスにもつながりますが、本物の素材を使った物を親が自ら大切に扱う姿を見せれば、子供は乱暴には扱いません。物を長く大切に使っていく、思いやりの心を育てていきます。


などなど、いくつかご紹介させて頂きました。
これは、お子様だけでなくご家族皆様の心地よいくらしにも影響してきます。

現在子育て中の方、お子様はこれからという方、さまざまですが
住まいや、身近な生活の中でも自然素材、本物に触れる機会を少しでも
つくっていけるといいですね。

もっと自然素材の魅力を知りたい方はコチラ!「無垢の木と自然素材」

大工さんの仕事体験の写真です。

家を建ててからどんな税金が掛かるの?▶︎