わたしたちのこと
(ヤワタホームについて)

ヒストリー

HOME > わたしたちのこと > ヒストリー

ヤワタホームの歴史は、木と向き合った事業の変遷。
大工棟梁の魂が、現在のプロ意識に受け継がれています。

 ここに、一枚の棟札(むなふだ)があります。これは、職人が自分の名前を木の札に記し、天井裏に貼って、自分の仕事に対する責任と誇りを後の世に残すもの。いわば、「建築の記録」ですが、この古い棟札には、現社長の曾祖父・八幡巳之助(みのすけ)の名前が、大工棟梁として記されています。
 ヤワタホームは、明治時代、一人の大工棟梁からはじまりました。当時は、現在のように「ビルダー」という存在はなく、家を建てる仕事=大工棟梁。つまり、大工棟梁が職人をまとめて家を造っていたといいます。また、20年ほど前まで、本部のある鹿行(ろっこう)地域のお祭りに、初代がつくったという山車(だし)がまだ走っていたという話も。こういったエピソードからも、初代の根っからの職人気質がうかがえます。
 さて、二代目は大工から一転、材木業を営むことになります。巳之助の息子・三郎と正(現社長の祖父)は、「八幡材木店」をスタート。当時は、自ら山に入って切り出した木を製材して販売していたといい、無垢の木にこだわる現在のヤワタホームの原点は、ここにあるといってもいでしょう。そして、三代目にあたる現会長・八幡正毅が、昭和38年、茨城県神栖町にて「株式会社八幡」をはじめました。
 ここで、三代目は、ある疑問にぶつかります。材木屋が材木を売る相手は、大工さんです。大工さんは「家を建てるプロの職人」ですが、図面をひいたり、お客さまの要望を聞いたりという観点が必要ではないかと。もっと、お客さまに寄り添う仕事がしたい。そこで、「家を造る」という原点に立ち戻り、昭和47年、「ヤワタハウス」をスタート。そしてさらに気がつきます。自分たちが大事にしているのは、「ハコとしての家を造ること」ではなく、「そこに暮らす家族がいかに幸せでいられるか」ということだと。
 「家造り」から「住まい創りへ」
 これが、昭和55年に、「ヤワタハウス」から「ヤワタホーム」に社名を変更した理由です(ハウス=家ではなく、ホーム=家庭)。この想いは、四代目である現社長に、さらに想いを熱くして、受け継がれているのです。

現社長の曾祖父・八幡巳之助が記された棟札(むなふだ)

関連コンテンツはこちら
会社概要・沿革スタッフ紹介ヒストリー施工実績地域への取り組み住まいづくりのコンセプトご挨拶