いやしろのリフォーム
(自然素材リフォーム)

パッシブ設計

自然の光や風を取り込んで
省エネで快適な暮らしに。

窓から入る自然の光や風には、人為的に作り出した環境では味わえない心地よさがあります。また、日や時間の違いによって刻々と移り変わる条件は暮らしに変化とリズムを与え、時間を豊かにしていきます。それに、自然の作用をうまく利用することは今の時代に必要な省エネにもつながります。
いやしろのリフォームでは、自然の恩恵を最大限利用するパッシブデザインを考慮した設計を行います。

「光の道」設計
自然の光には、照明の光では得られない明るさや暖かさなどの機能があり、心地良さや趣きも感じられます。自然の光を有効に活用するには、季節による太陽光の角度などを考慮して部屋の配置や窓の位置を考え、さらに軒や庇、落葉樹でコントロールしながら「光の道」を設けていきます。

パッシブ設計「光の道」

「風の道」設計
風をコントールするのが窓と間取りです。部屋を小さく区切らず開放的な間取りにし、区切る場合は開放できる引き戸にします。窓は、対向に配置すると風の通り道ができるので、東西南北にできるだけ設けます。また、立体的にも風の道を考え、吹抜け等、窓の高低差を積極的に利用します。

パッシブ設計「風の道」

パッシブ設計の元となる敷地・生活環境調査
今お住いの土地の特性はお客様が最もご存知のはずですが、あらためて季節ごとの日影や風通しの条件、隣地との関係などの生活環境情報を法規制等と併せて調査します。
ヤワタホームでは、それらを報告書にまとめてお客さまにお渡しするとともに、その土地でのお客様の暮らしのストーリーをイメージし、“光の道”“風の道”を取り入れてリフォーム設計に落とし込んでいきます。

敷地・生活環境調査報告書

断熱設計
断熱材の仕様と充填量の適正化や窓ガラスの複層化等により断熱性能を向上させ、室内から外に逃げていく熱エネルギーを低減します。これにより家中の温度差が少ない環境をつくり出し、ヒートショックのリスクを抑えるとともに省エネにもつなげます。

断熱設計

断熱

関連コンテンツはこちら