スタッフブログ
 
スタッフブログ
 

HOME > スタッフブログ > 【 明治村見学 】

2018.11.22

【 明治村見学 】

こんにちは。
設計部 香取です。
先日、愛知県の明治村に行ってきました。
その中で最大の目的はフランクロイドライトの帝国ホテルの見学でした。

建物の中でも圧倒されたのが、
玄関からロビーへ入った際の広がり感とインパクトの強さです。

アプローチから玄関と低い天井を経由して、中へ入ったときのロビーの広がり感。
まさにトンネル効果を体感できました。
紹介のVTRがあり、見どころはこの部分という事でした。

フランクロイドライトの建物は環境に調和する事が前提にあり、
その言葉通り、土、石、木と人間が長い間親しんできた物で作られており、
これが人が安らげる理由の1ついう事も体感できました。

また空間について、壁や天井は居心地のよい空間を作る為にあり、
まず空間をどうするかによって壁や天井を空間に合わせてつくるという前提もあります。
椅子があり座れる場所の天井は低く、座ると落ち着く効果を出しています。
全体的に、仕切りがなく連続した空間になってなっていて、
天井高さや床の高さを変え、空間に変化をだしていました。
この為、場所により色々な表情があります。

実際に本物の作品を見れて、体感できて、自分でもより腑に落ちた所があります。
自由設計でもこの良い部分を取り入れて、
居心地の良く、いい暮らしができるお家を提案していこうと更に実感した1日でした。

入口部分。天井低くしてトンネル状態

トンネルを抜けたホール。天井が高く広がりを出しています。

天井や床の高さを変え表情が違います。

レンガと石とテラコッタでの装飾。職人技です。

◀︎【 漆喰壁の補修の仕方。】

【ユニテリアン派礼拝堂】 1947 ...▶︎