スタッフブログ
 
スタッフブログ
 

HOME > スタッフブログ > 青木 > 【佐倉市役所】

2019.1.27

【佐倉市役所】

こんにちは。
営業部の青木です。
 
先日、お客様の建築予定地の法規調査のため、
佐倉市役所に行ってきました。
住宅を建てるにあたって、建築基準法、都市計画法などの
法律の規制があります。
自分の土地だからといって、自由に建てられる訳では無いのです。

そこで、今回建築されるお客様の土地にどういった
法律上の規制があるのか?
また、接する道路の状況、上下水道の有無などの調査を行いました。

法律の規制に関しては、
以前、このブログで設計部の井上が分かりやすく
説明していますので、こちらをご覧ください。

建築基準法って どういうこと?

接道義務って?

こんなところにも法律が

親の土地に家を建てたい

住む地域によって建てられる建物がある⁉

皆さまの所有されている土地や購入を
検討されている土地で、法規的にご心配がありましたら、
無料で調査を行っていますので、お気軽にお問い合わせください。



ところで、今回調査に行った佐倉市役所の庁舎ですが、
建築家の故・黒川紀章氏の設計なんです。
黒川紀章氏は、「世界のタンゲ」と言われた丹下健三氏の弟子で、
世界で 初めて実用化された
カプセル型の集合住宅「中銀カプセルタワービル」などの設計で
世界的に有名です。
 
亡くなる2007年には、東京都知事選、参院選に立候補し、
ワイドショーやバラエティー番組に出演されていたので、
記憶に残っている方もいらっしゃるかもしれません。

正面のカプセル型のボックスがが連なったデザインは、
中銀カプセルタワーと通じるところが感じられます。
なんだか宇宙的な雰囲気がありますね。


こちらが「中銀カプセルタワー」です。

そして、こちらが議会棟。
こちらも不思議な形ですね。
やはり宇宙的です。

庁舎内も未来的というか宇宙的というか
非常に斬新なデザインになっています。

こんな近くで、有名建築家の作品が見られるのはすごいですね。
皆さんもご興味がありましたら、見に行かれてはいかがでしょうか?


youtubeの佐倉市の公式チャンネルに
視聴者の建設を記録した動画があったので、
興味がありましたら見てみてください。
貴重な記録であり、“昭和”要素満載で
かなり興味深い映像ですよ。

動画はこちらの画像をクリックしてください。

◀︎【 天井の高い家 】

【 二世帯住宅 】▶︎