スタッフブログ
 
スタッフブログ
 

HOME > スタッフブログ > 野口 > 【障子の持つ効力】

2019.2.1

【障子の持つ効力】

こんにちは。
設計の野口です。
今回は、障子の持つ特性をお伝えします。

 障子は、お部屋全体を柔らかな光で包み採光性や通気性に優れていて
安らぎを与えてくれるインテリア素材です。

  冬は、夜間の放射冷却を防ぎ、窓からの冷気コールドドラフトを防ぎ
夏は日射しを遮り、冷房の効果を上げ、省エネにもなります。

  又、障子紙は、多孔性の性質によって、自然な形で換気と清浄化を行っています。

 更に、吸湿性もあるので、室内の温度変化を抑えているので
湿度の高い日本の住宅に適した建具でもあります。

 障子といっても、桟のデザインや障子紙によって色々な種類があるので
お部屋のアクセントとしても楽しめます。

 只、障子紙の張替が・・・・という方には、お勧めの障子紙があります。
破れにくく、日光からの日焼けもしにくいワーロン紙という障子紙もあります。

 カーテンも良いですが、障子も気になるという方は、是非神栖モデルに遊びに来て下さい。
柔らかい光の空間が、体験できますよ。

障子を閉める事で落ち着いた空間となります。

障子を開ける事で、外からの光が差込み明るくなります。

ハプニング!!  猫パンチ!

◀︎【ご好評につき二世帯住宅完成見学延長...

【 お勧め!成田の新スポット( *´...▶︎