スタッフブログ
 
スタッフブログ
 

HOME > スタッフブログ > 井上 > 【 世界の建築家たち 】

2019.4.5

【 世界の建築家たち 】

こんにちは。井上です。
今日は、皆さんに少しでも建築という仕事に興味が湧くような、
世界の建築家たちはこんな事もやっていたのか
という話をしようかと思います。

建築家は建物の設計や都市計画などをしてると思う方も多いと思います。
実は建物だけではなく、家具、照明などインテリア関係も
数多くデザインしています。
その中でも『椅子』は多くの建築家たちがデザインしていて、
皆さん見たことがあるかも、というのを少し紹介したいと思います。






ワイヤーチェア

チャールズ・イームズデザインのワイヤーチェア。
一度は聞いたことがあるかもしれません、『イームズ』です。
カフェなどでよく使われています。座面の所がワイヤーではなく、
木やFRPなどで作られていて同じようなデザインのシェルチェアもあります。

LC2

建築界の巨匠、ル・コルビュジェ、デザインのLC2。
これも有名ですね。偉い人たちが座っていそうなデザイン。

その他にも、ミース・ファン・デル・ローエのバルセロナチェア。
アルネ・ヤコブセンのエッグチェアやスワンチェア。
日本人では柳 宗理のバタフライスツールや豊口 克平のスポークチェアなどなど。
ここには書ききれないほどあります。




一度は見たことのあるデザインの椅子は
実は建築家たちがデザインしたものが多くあります。

こんな知識も知っていると家具選びに楽しさが増えるかもしれません。
建築という仕事の楽しさを少しでも知ってもらえたら幸いです。

◀︎【 潮来市増改築工事終了しました! ...

【春めいてきました】▶︎