スタッフブログ
 
スタッフブログ
 

HOME > スタッフブログ > 野口 > 【 軒とケラバ 】

2019.5.28

【 軒とケラバ 】

こんにちは。
設計の野口です。

皆さん、普段建物の屋根の先ってあまり気にしていないかと思いますが、
軒先の作り方で、家の表情が変わるんです。


まず、軒とケラバとは?
建物の外壁から出ている屋根の先の部分、
寄棟ですと、屋根の先ぐるっと四方を軒先と言います。
切妻だと、水平の雨樋が付く方を軒先と言い、
斜めの部分を、ケラバと言います。

注文住宅なので、軒先は
屋根の形状や勾配・素材・色等によって
作り方は色々です。

シンプルな外観デザインを好む方は、軒の部分を出さずにモダン
に仕上げたり、逆に深く軒を出して落ち着いた雰囲気にしたりと、
皆さん楽しんでいます。

是非、あまり目がいかない部分ですが、気にしてみて下さい。

破風板を白にすることで、建物が明るくなります。

屋根を出さず、モダンに仕上げています。

破風板をデザインして変化を楽しみます。

窓の上に庇をつけて、建物に変化を加えています。

屋根の下に板貼りの出窓で、アクセントを楽しみます。

◀︎【 音楽ホールのある家 】

【 アイアンの階段のある家 】▶︎